ゲイの結婚

  • 投稿日:
  • by

昨今では平均の初婚年齢がどんどん上がり、30代でも結婚していない人がたくさんいます。
また一生独身を貫く人ゲイの割合いも増えています。
未だ独身の人と、既婚者との違いは何なのでしょう。それはただ単に異性にもてるかそうでないかの違いではないような気がします。
20代半ばでの結婚は最近では早いと思われることが多いようです。
異性にもてている女性が男性からの猛烈アプローチにより結婚してしまうのもこの時期です。
また逆に高校時代からの綬愛を貫く人やあまり異性とのつきあいがなかった人が早めに見切りをつけて結婚するのもこの時期です。
ある意味本当の結婚適齢期とも言えます。
この場合は若くしてママになるので、不倫の誘惑があったり、子供が大きくなってもまだ若いので第二の人生も楽しめる年代です。
30代前半になると程よく付き合っていたカップルが30歳を節目に結婚するというパターンが多いです。
30歳までに結婚という意識は未だ多くの女性に根付いているような気がします。
ここまでで結婚できる人は、結婚に対する意識が現実的というか、理想を追いかけることをやめることができた人たちだと思います。
30歳を過ぎても結婚できない場合は、一度結婚をあきらめて逆におひとりさまや習い事などの自己活動の充実に走る時期が出てきます。
しかし、2年くらいするともともと結婚願望のあった人はまた結婚を意識するようになります。
今度は35歳までに結婚すれば、出産も間にあうと、結婚相手を探すようになるのです。
しかし、その頃には自分のプライドもあるし、年齢的にも「結婚相手を必死さがしていると思われたくない」という羞恥心も出てきます。
そういうわけで、気にはなる割には実際に婚活パーティーにいっても積極的に男性を狙いにはいけません。
また婚活で出会う人に対しては「結婚できる相手かどうか」という目でみてしまうために、職業や年収などについては厳しい条件で見てしまいます。
結果的に自分からいい条件だと思える相手にはなかなか出会えません。
また、相手から誘ってくれるのを待ってしまう状態の人が多いように思われます。
結果的にとっつきにくいと思われ、あまり男性が声をかけづらくなります。
このような悪循環で婚活自体はあまりいい結果が出るのは難しくなります。
この時期にもう結婚自体をあきらめ、仕事や趣味にいそしんでいた矢先に、偶然出会った相手と結婚するパターンが出てきます。
一度は結婚をあきらめているので、出会いに対する必死さもないので自然ですし、相手に対する条件も初めから結婚を意識してないので特に高くはありません。
ある程度年齢が進んでから結婚するのはこのような場合だと思います。
結局結婚できるかできないかは本人がどのあたりで落としどころを付けるかどうかの違いでしかないような気がします。
最近では「婚活」という言葉も生まれ、お見合いパーティーや街コンなども盛んですが、本人が高い理想を描いている間は結婚は難しいのではないでしょうか。
しかしそれでも30代後半での結婚がどんどん増えている現状があります。
30代も謳歌し、40歳が見えてきたころに自分の夢や理想を現実レベルに落とすができた人が最後の結婚のタイミングに滑り込めるのかもしれません。