印象に残っている2人の外国人出会いです

  • 投稿日:
  • by

私には外国人の友人が数人おりますが、その中でも印象に残っている外国人の方は2人おります。

1人目は、40代のアメリカ人男性です。彼は、日本人の女性と出会い、結婚されており、ハーフの女の子のお子さんが1人いらっしゃるかたでした。
その日本人の奥様は、アメリカ人の方と結婚はされているのですが、正直あまり英語が上手ではなく、ご自身のお子さんとは殆ど日本語で会話をされていらっしゃいました。
奥様が、ご主人と英語で喋っているところを聞いたことがあるのですが、大体通じてはいましたが、私の方が上手かなと思ってしまうくらいたどたどしい英語でした。
私がそのご家族と知り合った時、結婚されて10年程経っていたようなのですが、ご主人は全く日本語を覚えようという意思がありませんでした。
そのご家族の自宅では、ご主人は英語しか話せず、奥様は殆どが日本語、お子さんのみ英語も日本語もどちらも堪能といった状態でした。
3人一緒にいらっしゃるとき、奥様とお子さんが日本語で会話をされていても、ご主人は内容を全く理解していない様子で、目の前で、日本語でご主人の悪口などを言っており、すごいなあと思ってしまいました。
もし私がご主人の立場でしたら、自分の目の前で、全く意味の分からない違う国の言葉を話されているのは嫌なので、少しは日本語の勉強をしようと考えると思いました。
約10年間一緒に住んでおられて、全く日本語に興味がないという外国人の方もいらっしゃるのだなあと大変印象的でした。

2人目は、20代のインドネシア出身の外国人女性でした。彼女とは、ある英会話サークルで出会いました。
ある時、サークル内の人々で、ポットラックパーティーという自分で作った料理を持ち寄って皆で食べようという会が催されました。
私は他の人からリクエストがあった焼きそばを持って行きました。ところが、彼女は、豚肉と牛肉を食べることができませんでした。
彼女はイスラム教徒で、宗教上の理由で禁止されているとのことで、他にも、アルコールも駄目とのことでした。
それまで私は、仏教、キリスト教の友人しかいなかったので、イスラム教徒の方が、日々の食べ物にも規制があるということを知り、大変印象的でした。
それ以降、外国人の方と皆で食事をする機会があるときは、どのような宗教の方がいらっしゃるのか事前に調べるようにし、なるべく豚肉、牛肉など、宗教上の理由で食べることができないおそれのある食材は使用しないように気をつけています。http://外国人出会いsns.net/